PR

スポーツ スポーツ

若元春、霧馬山が新十両 大相撲春場所の番付編成会議

Messenger
若元春
若元春

 日本相撲協会は30日、東京・両国国技館で大相撲春場所(3月10日初日・エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き、若元春(25)=本名大波港、福島県出身、荒汐部屋=と、モンゴル出身の霧馬山(22)=本名ビャンブチュルン・ハグワスレン、陸奥部屋=の新十両昇進を決めた。

 若元春は十両若隆景の兄で、史上20組目の兄弟関取が誕生した。霧馬山は陸奥部屋から2008年初場所の霧の若以来、11年ぶりの新十両。

 再十両は2人。大成道(26)=本名笹山喜悌、青森県出身、木瀬部屋=が8場所ぶり、貴ノ富士(21)=本名上山剛、栃木県出身、千賀ノ浦部屋=は暴行問題を起こした昨年の春場所以来、6場所ぶりの復帰となった。

 年寄「荒磯」を襲名した元横綱稀勢の里、「押尾川」を襲名した元関脇豪風、付け人に暴力を振るった引責で昨年12月に角界を去った元幕内貴ノ岩を含め、21人の引退も発表された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ