PR

スポーツ スポーツ

神奈川からは桐蔭学園と横浜「全国制覇を」 選抜高校野球

 関東大会初戦の常総学院(茨城)戦で逆転サヨナラ満塁本塁打を放ったのを皮切りに、決勝の春日部共栄(埼玉)戦では値千金の勝ち越し3点本塁打を放つなど、勝負強さは折り紙付きだ。川久保瞭太選手や上川航平選手といった中軸打者らの打撃にも非凡なものがあり、打線のつながりが全国で勝ち上がる鍵となる。森主将は「がむしゃらにプレーする姿で人を感動させられるような野球をしたい」と闘志を燃やす。

 選抜大会を勝ち上がるには昨秋、大車輪の活躍を見せた軟投派左腕の伊礼海斗投手と大型右腕の長谷川颯(はやて)投手らの成長が必須となる。小気味良い投球が持ち味の伊礼投手は関東大会優勝の立役者となり、明治神宮大会初戦では先発を任された。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ