PR

スポーツ スポーツ

「平成最後」元年エースの監督で挑むも…栃木・佐野日大、選抜逃す

 平成最後の甲子園となる第91回選抜高校野球大会(3月23日開幕)の出場校を決める選考委員会が25日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれ、昨年の秋季関東大会ベスト8だった佐野日大(栃木)は選出されず、栃木県勢は3年ぶりに選抜大会出場を逃した。

 佐野日大の麦倉洋一監督(47)は元同校エース。平成元年の夏の甲子園では開幕試合で完封勝利した経験があり、平成最後の甲子園に監督としての出場が期待されていた。麦倉監督は「やはり(秋季関東大会で)2つ勝たなければいけなかった。夏に向け、厳しい練習をしてもう一度勝負したい」と話し、新しい年号での最初の甲子園となる夏の大会に向けての意気込みを示した。

 佐野日大は昨年の秋季栃木県大会で優勝。関東大会では1回戦を勝ち、ベスト8入りを果たしたが、準々決勝で優勝した桐蔭学園(神奈川)に敗れた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ