PR

スポーツ スポーツ

大坂、日本勢初の決勝進出 世界ランク2位以内決まる

Messenger
ポイントを取り、拳を握りしめる大坂なおみ=24日、メルボルン(AP)
ポイントを取り、拳を握りしめる大坂なおみ=24日、メルボルン(AP)

 テニスの全豪オープン第11日は24日、メルボルンで行われ、女子シングルス準決勝で四大大会2連勝を目指す第4シードの大坂なおみ(日清食品)は第7シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)に6-2、4-6、6-4で勝ち、日本勢初の決勝進出を果たした。世界ランキング4位の大坂は大会終了後に日本勢過去最高位の2位以内に上がることが決まった。

 大坂は26日の決勝でウィンブルドン選手権を2度制している第8シードのペトラ・クビトバ(チェコ)と顔を合わせる。勝てば世界1位となる。クビトバは準決勝でノーシードのダニエル・コリンズ(米国)を7-6、6-0で下し、全豪で初めて決勝に進んだ。

 男子シングルス準決勝で第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第14シードのステファノス・シチパス(ギリシャ)を下して2年ぶり5度目の決勝。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ