PR

スポーツ スポーツ

【昭和39年物語】(37)大阪夏の陣「パ」…南海快進撃 阪急に6連勝

Messenger
無残に大破した佐田さん(左)が乗っていた乗用車=昭和39年8月17日、山梨県韮崎市の塩川橋付近で
無残に大破した佐田さん(左)が乗っていた乗用車=昭和39年8月17日、山梨県韮崎市の塩川橋付近で

 8月17日、日本中が突然の“訃報”に胸を痛めた。松竹の“ドル箱”といわれ『君の名は』など数多くの名作に出演した映画俳優、佐田啓二(37)=本名、中井寛一=が、自動車事故で死亡したのである。

 17日午前6時30分ごろ、山梨県韮崎市内の国道で、佐田ら4人が乗った乗用車が塩川橋の欄干に衝突。さらに横を走っていたタクシーに衝突して大破。佐田は顔、頭、右脇腹などに重傷を負い韮崎市内の病院に運び込まれたが、午前11時過ぎ、脳底骨折で死亡した。

 佐田は13日から家族で長野県蓼科高原の別荘へ避暑にきていた。病院に駆けつけた妻の益子さんは「2人の子供たち(当時、長女6歳、長男2歳)はまだ何も知らず蓼科に…」と声を震わせた。その子供たちとは後に女優となった中井貴惠と俳優の中井貴一である。

 首位の南海、3ゲーム差で追う阪急。パ・リーグの“夏の陣”は18日から、大阪球場で始まった。鶴岡監督の声は弾んでいた。

 「今回はチョロが復活しとる。あいつが試合に出ると攻撃面だけやのうて、守備面までぐんと違ってくるわい」。8月13日の東京戦(大阪)でチョロこと広瀬は57日ぶりにスタメンに復帰し、左手首に皮のリストバンドをはめて、いきなり3安打を放った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ