PR

スポーツ スポーツ

日本ハム・吉田輝星が初ブルペン「50点くらい」

Messenger
ブルペンで投球する日本ハム・吉田輝星=18日、千葉県鎌ケ谷市(撮影・加藤圭祐)
ブルペンで投球する日本ハム・吉田輝星=18日、千葉県鎌ケ谷市(撮影・加藤圭祐)

 日本ハムのドラフト1位ルーキー吉田輝星(こうせい)投手(秋田・金足(かなあし)農高)が18日、千葉県鎌ケ谷市の球団施設での新人合同練習で初めてブルペンに入った。捕手を立たせて23球を投げ「けっこう感覚が悪かった。50点くらい」と苦笑いした。

 多くの報道陣を前に「6割くらいの力」で直球に時折カーブを交えてミットを鳴らした。「最初なので直球中心。カーブは投球の軸になるので何球か投げた」と説明した。隣で5位の柿木蓮投手(大阪桐蔭高)が力強い球を投げるのを見て「キャンプでも勝負になる。いい成績を残した方が1軍で投げられる。自分が先に投げられるように」と負けん気をのぞかせた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ