PR

スポーツ スポーツ

稀勢の里戦の懸賞が引退で変更 白鵬戦へ14本など

2017年10月、「大相撲beyond2020場所」で三段構えを披露する白鵬(左)と稀勢の里=両国国技館
2017年10月、「大相撲beyond2020場所」で三段構えを披露する白鵬(左)と稀勢の里=両国国技館

 日本相撲協会は16日、横綱稀勢の里の引退決定に伴い、大相撲初場所4日目の結びの一番だった平幕錦木戦に懸けられた懸賞32本のうち、14本が横綱白鵬と平幕北勝富士の取組に変更になったと発表した。

 残りは6本が稀勢の里の弟弟子に当たる大関高安の一番に変更されるなどしたが、8本は取りやめとなった。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ