PR

スポーツ スポーツ

稀勢の里引退に阿武松審判部長「連続優勝は頭に残る」

Messenger
2017年1月、大相撲初場所千秋楽で横綱白鵬(右)をすくい投げで破った大関稀勢の里。前日に決めた初優勝を白星で締めくくった=両国国技館
2017年1月、大相撲初場所千秋楽で横綱白鵬(右)をすくい投げで破った大関稀勢の里。前日に決めた初優勝を白星で締めくくった=両国国技館

 ■日本相撲協会・阿武松審判部長(元関脇益荒雄)の話「非常に残念。2場所連続の鮮烈な優勝は私も頭の中に残る。本音を言えば、横綱として土俵に上がって白星を重ねてほしかった」

 ■浅香山親方(元大関魁皇)の話「本人が一番悔しいと思う。一生懸命、治療してやってきたと思うけど。あのけが(一昨年春場所の左上腕付近の負傷)で狂ってしまったのかな」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ