PR

スポーツ スポーツ

3連敗の夜、師匠と話し合い 稀勢の里「引退します」

Messenger
取組を終えて、厳しい表情で花道を引き揚げる稀勢の里=15日、両国国技館(早坂洋祐撮影)
取組を終えて、厳しい表情で花道を引き揚げる稀勢の里=15日、両国国技館(早坂洋祐撮影)

 大相撲の横綱稀勢の里の動向が注目された16日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋に60人以上の報道陣が早朝から集まり、緊張感が漂った。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は午前8時40分すぎに「今日で稀勢の里は引退します」と、絶大な人気を誇る日本出身横綱の決断を明かした。

 初場所で初日から3連敗を喫した15日の夜、田子ノ浦部屋で稀勢の里と2人で、何度か時間を空けながら計30~40分ほど話し合ったといい、横綱本人から「引退させてください、引退します」と申し出があった。

 師匠は理由を聞くことも、慰留もしなかった。「平常心であるようには見えました。いろんな思いはあるなとは思いましたけど。自分からは『そうか、ご苦労さん』と。僕もそれ以上声を掛けられなかった」と時折、涙ぐみながら話した。

 弟弟子の大関高安は16日、兄弟子の引退について聞かれても、厳しい表情で無言を貫いた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ