PR

スポーツ スポーツ

稀勢の里引退に田子ノ浦親方「覚悟があったと思う」

Messenger
報道陣の囲み取材に応じ、横綱稀勢の里の引退を伝える田子ノ浦親方=16日、東京都江戸川区(撮影・佐藤徳昭)
報道陣の囲み取材に応じ、横綱稀勢の里の引退を伝える田子ノ浦親方=16日、東京都江戸川区(撮影・佐藤徳昭)

 ■稀勢の里の師匠、田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)の話「横綱だから結果を出さないといけない。稀勢の里は我慢強い。そういう力士が引退を話すのだから、覚悟があったと思う。横綱になってくれてうれしい面もあったが、近くで見ていて本人は一番格闘しているなと分かった。(横綱昇進後の)2年はあっという間だった」

 ■稀勢の里の兄弟子に当たる西岩親方(元関脇若の里)の話「最後は弱いイメージが先行したが、十分に頑張った。一つの白星に食らい付く姿は立派だった。憎らしいほど強い横綱もいいが、稀勢の里のように必死に土俵を務める横綱も良かったと思う」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ