PR

スポーツ スポーツ

【高校サッカー】青森山田、揺るがぬ自信で最後も逆転

Messenger
優勝を決め、喜びを爆発させる青森山田の選手=埼玉スタジアム(撮影・中井誠)
優勝を決め、喜びを爆発させる青森山田の選手=埼玉スタジアム(撮影・中井誠)

 青森山田の選手はピッチ上に次々仰向けになって達成感に浸った。「ここまで来るのは本当に大変だったけど報われた」と主将のGK飯田。攻守で強敵を圧倒しての2度目の戴冠に胸を張った。

 前半32分に先制を許した。「準々決勝と準決勝も相手に先にやられたから慣れていた。平常心を保てた」と二階堂が話すように、苦い経験を糧にして成長した選手は慌てず反撃に転じた。

 武器のサイド攻撃から準決勝まで1失点の流通経大柏の堅守に襲いかかった。エース檀崎の2得点で逆転すると、果敢なプレスで反撃の芽を摘む。終了間際には前掛かりになった相手最終ラインの裏に抜けた小松がとどめの一撃を決めた。

 2つの分岐点を乗り越えてきたからこそ、決勝という大舞台で“横綱相撲”を見せられた。

 1つは昨夏の高校総体だ。2点先行しながら4失点して逆転負け。「得点を奪うのは自分だと勝手に振る舞い、守備もさぼっていた」。黒田監督は仲間のために走る献身の大切さを説いた。

 2つめの転機は大会直前の主将交代。高円宮杯U-18(18歳以下)プレミアリーグの優勝を逃すすと、指揮官は「檀崎に頼りすぎては勝てない。責任を分散させて個々に自覚を持ってほしい」と荒療治に踏み切った。

 主将の座を引き継いだ飯田は連日選手間ミーティングを開いた。「衝突しても引きずらないのがルール」(飯田)。本音で話し合って培った団結は逆境でも揺らぐことはなかった。「1つのベクトルに向かえば強いチームになれると証明できた」と檀崎。その顔は誇らしさに満ちていた。(五十嵐一)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ