PR

スポーツ スポーツ

連敗の稀勢の里、3日目出場の方向 師匠「そのつもりで」

Messenger
逸ノ城に敗れ、引き揚げる稀勢の里=14日、両国国技館
逸ノ城に敗れ、引き揚げる稀勢の里=14日、両国国技館

 進退が懸かる大相撲初場所で初日から2連敗を喫した横綱稀勢の里が、3日目の15日も出場する方向となった。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が14日、明らかにした。

 同親方は東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で、報道陣から「3日目も出場か」と聞かれ、「もちろん、そのつもりで」と述べた。厳しい状況に追い込まれた横綱について「相撲がばらばらになっているが、修正は利く」と指摘した。取組後の両国国技館では「まだ場所は終わっていないし、残りもある。自分の相撲を取り切ってほしい」とも話していた。

 2日目の14日に稀勢の里の取組を土俵下で見た藤島審判長(元大関武双山)は「まだ2日目だ。攻めて前に落ちているので、昨日(初日)よりいい」と奮起を促した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ