PR

スポーツ スポーツ

白鵬、抜群の反射神経 大相撲初場所

Messenger
白鵬(左)は抜群の反射神経で栃煌山を突き落としで破った=14日、両国国技館(撮影・佐藤徳昭)
白鵬(左)は抜群の反射神経で栃煌山を突き落としで破った=14日、両国国技館(撮影・佐藤徳昭)

 大相撲初場所2日目は14日、両国国技館で行われ、横綱白鵬は栃煌山を辛くも突き落としで破った。抜群の反射神経で大ピンチをしのぎ、横綱、大関陣でただ一人の2連勝とした。

 土俵際で栃煌山の左上手出し投げで後ろ向きとなった。しかし、俵伝いにくるりと向き直って残すと、相手の腕を払うようにして土俵の外へ出した。「(ひやっと)しましたね。執念というか、しぶとさで勝った感じ」と笑みを浮かべた。

 全休明けとは思えない土俵際の軽やかな動きに「まだまだいけるね」と余裕の口調。42度目の優勝へ向け「引っ張っていきたい」と、苦しむ他の上位陣をよそに第一人者の自覚をにじませた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ