PR

スポーツ スポーツ

【春高バレー】女子は金蘭会が八王子実践にストレート勝ち 決勝は昨年と同じ顔合わせ

Messenger
第2セット スパイクを放つ金蘭会の宮部愛芽世(3)=12日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(川口良介撮影)
第2セット スパイクを放つ金蘭会の宮部愛芽世(3)=12日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(川口良介撮影)

 ジャパネット杯「春の高校バレー」第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会は12日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで準決勝が行われた。女子の2試合目は2連覇を狙う金蘭会(大阪)と名門の八王子実践(東京)が対戦。金蘭会(大阪)が八王子実践(東京)を3-0のストレートで下した。

 この結果、13日の女子の決勝戦は東九州龍谷(大分)-金蘭会(大阪)となり、2年連続で同じ顔合わせとなった。

▽女子準決勝

東九州龍谷(大分)3-2下北沢成徳(東京)

金蘭会(大阪)3-0八王子実践(東京)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ