PR

スポーツ スポーツ

【春高バレー】女子は東九州龍谷が決勝進出 下北沢成徳は3冠ならず

Messenger
試合に敗れ、涙を流す下北沢成徳の石川真佑(4)=12日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(川口良介撮影)
試合に敗れ、涙を流す下北沢成徳の石川真佑(4)=12日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(川口良介撮影)

 ジャパネット杯「春の高校バレー」第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会は12日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで準決勝が行われた。女子の1試合目は総体と国体で優勝し、3冠のかかる下北沢成徳(東京)と前回大会準優勝の東九州龍谷(大分)が対戦。最終の第5セットまでもつれ込む熱戦となり、最後は東九州龍谷が3-2で粘る下北沢成徳を振り切った。

▽女子準決勝

東九州龍谷(大分)3-2下北沢成徳(東京)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ