PR

スポーツ スポーツ

東京五輪招致疑惑 IOCが調査着手 倫理委を開催

Messenger
2013年3月、IOC評価委員会の会場視察について記者会見する招致委の竹田恒和理事長=東京都内
2013年3月、IOC評価委員会の会場視察について記者会見する招致委の竹田恒和理事長=東京都内

 国際オリンピック委員会(IOC)は11日、2020年東京五輪招致を巡る贈収賄疑惑でフランス捜査当局が日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長に対する捜査を開始したことを受け、調査に着手した。IOCは、この日の倫理委員会の開催を明らかにしたが、協議内容などの詳細は公表していない。

 東京の招致委員会がシンガポールのコンサルタント会社に支払った報酬の一部が当時、IOC委員だったラミン・ディアク前国際陸連会長(セネガル)の息子のパパマッサタ・ディアク氏に渡った疑いが持たれている。IOCはバッハ会長がセネガルの大統領に協力依頼の文書を送っていたことを明らかにし、「フランス当局と緊密に連携を取り、状況を注視する」との姿勢を示した。

 竹田会長はIOCのマーケティング委員長を務めている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ