PR

スポーツ スポーツ

天理大の初優勝か、明大22大会ぶりVか ラグビー大学選手権、12日に決勝

Messenger
ラグビーの全国大学選手権決勝に向け調整する天理大の選手=奈良県天理市
ラグビーの全国大学選手権決勝に向け調整する天理大の選手=奈良県天理市

 ラグビーの全国大学選手権は12日、東京・秩父宮ラグビー場で決勝を行い、初優勝を狙う天理大(関西1位)と22大会ぶり13度目の頂点を目指す明大(関東対抗戦3位、4位枠)が対戦する。両校は11日、それぞれの練習グラウンドで最終調整した。

 準決勝で大会9連覇中の帝京大を破り、7大会ぶりの決勝進出を果たした天理大は、関西勢としては1984年度に3連覇した同大以来34大会ぶりの大学日本一を狙う。2大会連続で決勝を戦う明大は、1点差で帝京大に敗れた前回の雪辱を期す。今年度の春夏の練習試合では天理大が2連勝している。

    

 明大は午前11時から、東京都世田谷区の練習グラウンドで約1時間調整。大半は非公開だったが、サインプレーの確認などを行ったといい、グラウンドからは「いいキック!」などといった明るい声が聞かれた。SH福田主将は「ここまでやってこられたのも、正しい努力があったから。いい雰囲気で練習できた」と話した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ