PR

スポーツ スポーツ

国内サッカー開幕戦は川崎対浦和

Messenger
カップを前にポーズをとる川崎・小林(左)と浦和・長沢=11日、東京都内(五十嵐一撮影)
カップを前にポーズをとる川崎・小林(左)と浦和・長沢=11日、東京都内(五十嵐一撮影)

 国内サッカーシーズンの幕開けを告げる富士ゼロックス・スーパーカップ(2月16日、埼玉スタジアム)の開催発表会見が11日、東京都内で行われた。昨季J1王者の川崎と天皇杯覇者の浦和が対戦する。

 昨季の両チームの対戦成績はリーグ戦のみで浦和の2戦2勝。

 昨季リーグ戦で2連覇を果たした川崎FW小林悠は「浦和は勝利に貪欲な相手。今季最初の公式戦に勝って、いいスタートを切れるようにしたい」と意気込んだ。

 昨季天皇杯を制し、3年連続でカップ戦タイトルを手にした浦和MF長沢和輝は「川崎はJリーグで一番強い。一発勝負は難しいが、われわれの力を見せるいい機会」と力を込めた。

 試合は午後1時35分キックオフ。試合は前後半45分で行われ、同点の場合は延長戦を行わずPK戦を実施。国歌斉唱は「Little Glee Monster」が行う。チケットの一般販売は1月13日午前10時から。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ