PR

スポーツ スポーツ

WADAへデータ提供開始 ロシアのドーピング問題

Messenger

 ロシアの国ぐるみのドーピング問題を巡り、モスクワの検査所が保管するデータを世界反ドーピング機関(WADA)に提供する作業が始まった。10日、ロシアのコロプコフ・スポーツ相の話としてAP通信が伝えた。

 9日に同国のペスコフ大統領報道官が、データ提供で基本合意したことを明らかにしていた。

 WADAは昨年9月、全容解明につながるデータ提供を条件にロシア反ドーピング機関(RUSADA)の資格停止を解除したが、昨年末に設定されていた期限内にデータ入手を完了していなかった。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ