PR

スポーツ スポーツ

天理大ラグビー部、日本一なるか 天理市で12日にPV

Messenger

 ラグビーの全国大学選手権で決勝に進み、悲願の初優勝に王手をかけた天理大ラグビー部に声援を送ろうと、決勝当日の12日、奈良県天理市内の2会場でパブリックビューイング(PV)が開かれる。

 準々決勝で大東文化大を破った天理大は、2日の準決勝で帝京大と激突。大会9連覇中の難敵に29-7で快勝し、7大会ぶり2度目の決勝進出を果たした。

 関西勢は同志社大が昭和59年度に史上初の3連覇を達成して以来、優勝から遠ざかっている。明治大との決勝を前に、天理大の小松節夫監督は「地元で応援していただけるのは非常に心強い。相手はスクラムが強く、選手のポテンシャルも高いチームだが、悲願の初優勝を達成できるよう頑張りたい」と話している。

 PVは市と天理大が主催し、JR・近鉄天理駅南団体待合所(定員200人)と天理教教会本部第3食堂(定員千人)の2会場で開催。開場はいずれも午後1時からで、試合開始は同2時15分から。問い合わせは天理大学広報・社会連携課(0743・63・9006)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ