PR

スポーツ スポーツ

【虎番疾風録第2章】(4)颯爽、小津の魔法使い

Messenger

 とはいえ、虎番にはすこぶる評判が良かった。いつも、スーツの2つボタンの下側を留め、ズボンのポケットに手を入れて歩く。記者たちに囲まれているのが大好きで、ときどき会話の中に漢詩を交ぜたり一句読んだり。とにかく“字になる”社長だった。そんな小津が江川についてこう明言した。

 「より安全な森(繁和=住友金属)で行ったら…という声が強いことも事実。でも、ウチは巨人に負けるわけにはいかんしね。人気商売だから。そう、宝くじは買わねば当たらないってところか」

 11月20日、「江川騒動」勃発前夜のことだった。

=敬称略 (田所龍一)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ