PR

スポーツ スポーツ

サッカー日本代表、森保監督初タイトル獲得へ アジア・カップ初戦トルクメニスタン戦を速報します

Messenger
練習に臨む堂安律(右)ら日本代表イレブン=8日、アブダビ(撮影・蔵賢斗)
練習に臨む堂安律(右)ら日本代表イレブン=8日、アブダビ(撮影・蔵賢斗)

 アラブ首長国連邦(UAE)で開催されているサッカーのアジア・カップで、日本代表は9日午後3時(日本時間午後8時)から、1次リーグF組初戦でトルクメニスタンと対戦します。産経ニュースでは、昨年7月に就任した森保一監督の初タイトル獲得へ重要な初戦を速報します。

 過去5大会で3度の優勝を誇る日本にとって、2大会ぶりの覇権奪還は至上命題です。

 気がかりなのは負傷者の多さ。国内合宿への合流を見送った浅野(ハノーバー)に続き、UAE到着後にはMF中島(ポルティモネンセ)、MF守田(川崎)が離脱。エースのFW大迫(ブレーメン)も右臀部の負傷を抱えています。

 それでも、8日の前日会見で森保監督は「ベストな状態はつくってこられた」ときっぱり。「自分の道を新たに切り開き、ステップアップしていくとの意気込みを持ってほしい」と、若手の成長に期待しました。森保監督就任後、攻撃陣に中心を担う堂安(フローニンゲン)、南野(ザルツブルク)のプレーに注目が集まります。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキングで日本は50位、トルクメニスタンは127位。4チームで争うF組で、日本は13日にオマーン、17日にウズベキスタンと対戦します。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ