PR

スポーツ スポーツ

一周忌にあわせ「星野仙一秘宝展」 岡山・倉敷

Messenger
雄姿の写真パネルが並ぶ「星野仙一秘宝展」=岡山県倉敷市
雄姿の写真パネルが並ぶ「星野仙一秘宝展」=岡山県倉敷市

 岡山県倉敷市出身で、プロ野球界に大きな功績を残した故星野仙一氏の一周忌にあわせた「星野仙一秘宝展」が、倉敷天満屋(同市阿知)で開催されている=写真。14日まで。

 市内の「星野仙一記念館」が所蔵する写真パネルなど計約100点の資料を展示。うち8割ほどは記念館でも公開していない「秘蔵品」という。

 約70点の写真パネルは県立倉敷商高、明治大、プロ入りなどの各時代を時系列で展示しており、中日の投手時代の雄姿や監督として中日や阪神、楽天を優勝させた際の歓喜の胴上げなどの写真が並び、副題の「蘇(よみがえ)る闘将展示会」に違わない構成。また、プロ入り後に袖を通した歴代ユニホームなども展示され、来場者が「記憶に強く残る人。改めて郷土の誇りと感じる」と見入っている。

 星野氏は平成29年に「野球殿堂」入り。30年1月4日に70歳で死去した。入場料は一般500円、3歳~高校生200円。問い合わせは同店(086・426・2111)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ