PR

スポーツ スポーツ

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】走れるドラ1近本、高い評価の理由

Messenger
フォトセッションでポーズをとる近本光司=大阪市内のホテル(撮影・松永渉平)
フォトセッションでポーズをとる近本光司=大阪市内のホテル(撮影・松永渉平)

 「近本センターは決定的」-。このスカウティングリポートが実現すれば矢野阪神の野球は理想像に大きく近づくでしょう。さあ矢野燿大(あきひろ)新監督(50)の1年目のシーズンが始まります。昨季は2軍で163盗塁を成功させ、68勝40敗7分けでウエスタン・リーグV。ファーム選手権で巨人を破り日本一に輝いた手腕を1軍で発揮するときがやってきたのです。成功の鍵を握るのはドラフト1位・近本光司外野手(24)。スカウト陣の評価は「必ずセンターのレギュラーを奪える」。この評価が本当か否か…で、矢野流の機動力野球は大きく左右されるでしょう。

矢野流野球成功の秘訣は…

 さあ新年が始まりましたね。平成から新しい元号に移りゆく、まさに節目の年です。阪神も金本前監督から矢野新監督へチームの顔が変わり、初めて迎えるシーズンとなります。

 「1年目から勝負していく」

 矢野新監督は監督就任後から何度も周囲に語っていました。契約期間は3年ですが、プロ野球の世界で監督の契約期間はあってないようなモノです。金本前監督を見れば一目瞭然。新たな3年契約を結んだ1年目のシーズン最終試合の翌日に事実上の解任(辞任表明)に追い込まれました。最下位の責任をとったわけで、改めて勝負事の厳しさを見せつけられました。矢野新監督も盟友の“末路”を目の前で見たばかりで、契約期間が3年ある…なんて悠長な考えはないでしょう。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ