PR

スポーツ スポーツ

錦織が2年ぶり決勝へ 大坂、準決勝で敗れる テニス・ブリスベン国際

Messenger
男子シングルスで決勝進出を決め、歓声に応える錦織圭=ブリスベン(共同)
男子シングルスで決勝進出を決め、歓声に応える錦織圭=ブリスベン(共同)

 テニスのブリスベン国際は5日、オーストラリアのブリスベンで行われ、男子シングルス準決勝では第2シードで世界ランキング9位の錦織圭(日清食品)が40位のジェレミー・シャルディー(フランス)を6-2、6-2で下し、2年ぶりに決勝に進出した。

 錦織は6日の決勝で2016年2月のメンフィス・オープン以来3季ぶりとなるツアー大会通算12度目の優勝が懸かる。

 女子シングルス準決勝では第2シードで世界5位の大坂なおみ(日清食品)が27位のレシア・ツレンコ(ウクライナ)に2-6、4-6で敗れ、初の決勝進出はならなかった。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ