PR

スポーツ スポーツ

17個のタイトルも「悔いだらけ」、ジーコの意志体現した小笠原

Messenger
引退会見に臨む鹿島・小笠原満男=カシマスタジアム(撮影・福島範和)
引退会見に臨む鹿島・小笠原満男=カシマスタジアム(撮影・福島範和)

 「悔いだらけ」。21年のプロ生活を小笠原はそう振り返った。鹿島が得た主要タイトル20個のうち17個に貢献したが、失ったタイトルが頭に浮かんだ。戴冠に飢え続けた39歳らしい言葉だった。

 特に、1999年に柏と対戦したヤマザキナビスコ・カップ決勝。PK戦のキッカーで狙ったコースが甘く、相手GKにはじかれて敗れた。「キック1つがすごく大事と痛感した」。今も蹴った感触は忘れていない。

 ジーコの意志を体現してきたからこそ、その思いが強かった。タイトル奪取を厳命し、「24時間サッカーのことを考え、練習で100%の力を出して勝利を目指せ」という常勝軍団の生みの親の教えをひたすら貫いた。クラブ・ワールドカップ(W杯)の最終戦前に引退を報告したジーコから「最後までやり遂げたことに拍手を送りたい」と言われたことが宝物だ。

 岩手出身者として「手助けになりたい」と東日本大震災の被災地支援は今後も続けていく考え。「クラブW杯に優勝してハッピーエンドで終わりたかった。悔しいまま終わるのが自分らしい」。第2の人生に歩みを進めた。(小川寛太)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ