PR

スポーツ スポーツ

池江璃花子「自信ついた」 米高地合宿から帰国

Messenger
米国合宿から帰国した池江璃花子=24日、成田空港(高橋朋彦撮影)
米国合宿から帰国した池江璃花子=24日、成田空港(高橋朋彦撮影)

 競泳女子の池江璃花子(ルネサンス)が24日、米アリゾナ州フラッグスタッフでの約3週間の高地合宿を終えて成田空港に帰国し「平地とは比べものにならないくらいきつかったけど、自信がついた。質の高い練習ができた」と振り返った。

 長距離を泳ぎこむなど体力強化を重視した。終盤は疲労から気持ちが折れた部分もあったという。「満足のいかない練習も、次に行くためのステップととらえられた」と前向きに捉えた。

 ジャカルタ・アジア大会の6冠など、2018年は飛躍した。「結果も記録も両方ついてきてくれた」。東京五輪前年の19年は、7月に韓国で世界選手権がある。日本女子のエースは「必ず100メートルバタフライでメダルを取って20年につなげたい。いい色のメダルを取れたらいい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ