PR

スポーツ スポーツ

伊調馨、決勝で再び川井梨沙子と対決 17年ぶり日本選手に敗戦

Messenger

 レスリングの全日本選手権第3日は22日、東京都世田谷区の駒沢体育館で行われ、五輪4連覇を誇る女子57キロ級の伊調馨選手(34)=ALSOK=が1次リーグ初戦で、2016年リオデジャネイロ五輪63キロ級金メダルの川井梨紗子選手(24)=ジャパンビバレッジ=に1-2で競り負けた。だが、1次リーグ2戦目と準決勝を制した。23日の決勝で川井梨選手と再び当たる。

 五輪覇者による日本選手同士の対戦は男女を通じて初。伊調選手が日本選手に敗れるのは、01年全日本女子選手権で吉田沙保里選手に屈して以来17年ぶり。

 試合後は報道陣の取材に応じず、日本協会を通じてコメントし「五輪に向けての本当の復帰戦として全日本(選手権)があった。ここからが本当の勝負の時と思う」とリオ五輪以降では初めて20年東京五輪を目指す意向を示した。

 伊調選手は日本協会の強化本部長だった栄和人氏によるパワハラ問題を乗り越え、10月に国内大会で復帰。全日本選手権出場は3年ぶりだった。初戦こそ積極性を欠いたが、2戦目以降は堅守からのカウンター攻撃で得点を重ねた。準決勝は片足タックルを生かして3-0で快勝。ベテランらしい試合運びが光った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ