PR

スポーツ スポーツ

横綱白鵬に責任感 暴力の処分基準を受け

 日本相撲協会が横綱の暴力行為には引退勧告以上など、暴力問題についての処分基準を定めたことを受け、横綱白鵬は20日、冬巡業先の埼玉県熊谷市で「先輩横綱として引っ張っていきたいなと思う」と第一人者として責任感を口にした。

 相撲協会は番付に応じて一定の処分基準を設けた。横綱鶴竜は「どういう処分が出るかはっきりした方がいい。みんな考えると思う。(暴力の)問題には全ての部屋が同じ意識を持たないといけない」と話した。一方で「力士は強くならないといけない。この世界のルールはこうなんだというのを見せないといけない」と厳しい稽古の重要性も説いた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ