PR

スポーツ スポーツ

羽生が右足首負傷で全日本を3年連続欠場

Messenger
羽生結弦
羽生結弦

 日本スケート連盟は13日、フィギュア男子で五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が右足首負傷のため、世界選手権(来年3月・さいたま)代表最終選考会を兼ねた全日本選手権(21~24日・大阪)を欠場すると発表した。羽生の全日本欠場は3年連続。世界選手権は、ルール改正後の今季のショートプログラム、フリー、合計のすべてで世界最高得点をマークしており、日本連盟の実績を考慮する選考基準で代表入りの可能性が高い。

 羽生はグランプリ(GP)シリーズ第5戦のロシア杯で、11月17日のフリー当日の公式練習中に4回転ループの着氷に失敗して右足首を負傷。痛み止めを服用した強行出場でGP2連勝を果たしたが、3週間の安静と患部固定、その後に約1カ月のリハビリ加療を要する見込みと診断され、8日までのシリーズ上位6人によるGPファイナルを欠場した。

 全日本は過去2年、インフルエンザと右足首負傷で出場を取りやめたが、世界選手権と平昌五輪の代表に選ばれた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ