PR

スポーツ スポーツ

紀平梨花「ザギトワはこれからもっと良い演技をしてくる」

Messenger
GPファイナル初出場で優勝し、表彰式で笑顔を見せる紀平梨花(右)=バンクーバー(共同)
GPファイナル初出場で優勝し、表彰式で笑顔を見せる紀平梨花(右)=バンクーバー(共同)

 フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナル最終日(8日、バンクーバー)女子フリーで、ショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(16)=関大KFSC=は合計233・12点で、日本勢としては2005年の浅田真央以来となるGPデビューシーズンでのファイナル制覇を成し遂げた。

 紀平との一問一答は以下の通り。

 --演技後に「よかった」とつぶやいたように見えた

 「一つ目にミスがあっても、二つ目は切り替えることができた。そこから後はほとんど悔いはない。演技が終わったときは、うれしさが1番始めに出ました」

 --憧れの浅田真央さん以来の優勝

 「トリプルアクセルは去年から跳んでいた。本当に試合で跳ぶことが難しくて、本当に頑張って、やっと安定した。その苦労を絶対に今シーズンで晴らしたいと思っていた。アクセルという大技を選択しない方法もあったと思うけど、今はやり続けてきて良かったと思える」

 --SP1位の緊張は

 「あまりなかった。いつもだったらショートで失敗して『本当にこのままじゃダメだな』って思ってからの演技だった。それが今回はないということを頭に入れた。昨シーズンの経験で切り替えがうまくいった」

 --得点が出たときの心境は

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ