PR

スポーツ スポーツ

中日ドラフト1位の根尾昂「早くプレーしたい」 入団会見

Messenger
挨拶をする根尾昂 =名古屋市中区のホテル(撮影・甘利慈)
挨拶をする根尾昂 =名古屋市中区のホテル(撮影・甘利慈)

  プロ野球中日からドラフト1位指名を受けた大阪桐蔭高の根尾昂内野手(18)が8日、名古屋市内で入団会見し「正式に(ユニホームに)袖を通し、早くプレーをしたい気持ち。全力でやっていきたい」と、やや緊張した様子で語った。

 背番号は7。かつてセ・リーグのベストナインを受賞した森野将彦内野手(現中日2軍打撃コーチ)の印象が強いと言い「素晴らしい背番号をもらった。背番号に負けないような選手になりたい」と意気込んだ。

 プロでは遊撃手としてレギュラーを目指す。同期入団の5選手とともに会見した根尾内野手は「中日ドラゴンズで日本一になることが一番の目標。自分の中でもタイトルが欲しい」と決意を新たにした。

 根尾内野手は打撃と守備に加え、投手としても高い能力を誇る。10月のドラフト会議では4球団が競合し、中日が抽選で交渉権を得た。高校野球の甲子園大会には4季連続で出場し、3度の優勝に貢献。今年は史上初となる2度目の春夏連覇の原動力となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ