PR

スポーツ スポーツ

菊池雄星の動向に注目 大リーグのWミーティング

Messenger

 米大リーグの球団幹部や選手の代理人らが一堂に会するウインターミーティングが10~13日にネバダ州ラスベガスで行われ、フリーエージェント(FA)選手の契約交渉が本格化する。日本勢ではプロ野球西武からポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指す菊池雄星投手(27)の動向が注目される。

 4日の交渉解禁と前後して、各球団は日本球界屈指の左腕への興味を口にし始めた。ニューヨーク・ポスト紙(電子版)によると、ヤンキースのスタインブレナー共同オーナーは「彼の映像は見た。あの地域には常に注目している」と話した。

 NBCスポーツ(電子版)はジャイアンツのザイディ新編成本部長の「(日本選手は)多くが西海岸を好む。その意味ではわれわれは有利」との談話を紹介。レンジャーズの球団公式サイトは既にボラス代理人と球団側が接触したと伝えた。来年1月2日(日本時間3日)の期限に向け、交渉が加速しそうだ。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ