PR

スポーツ スポーツ

磐田残留か東京V昇格か J1、8日に運命の一戦

Messenger

 サッカーJリーグのJ1参入プレーオフ決定戦が8日、静岡県磐田市のヤマハスタジアムで行われる。J1最終節の敗戦が響いて16位となり、残留をかけて戦う磐田か、11年ぶりのJ1昇格まであと一歩に迫った東京Vか-。運命の一戦は午後2時にキックオフする。

 磐田は最終節で悪夢を見た。敵地での川崎戦で、1-1の後半ロスタイムにオウンゴールで敗戦。名波監督が「いばらの道が続く」と評していた残留争いで、12位から16位までの5チームが勝ち点41で並び、得失点差でプレーオフに回った。

 今季35得点は鳥栖に次ぐ少なさだった。川又や大久保らFW陣がここで奮起すれば、残留は近づく。まさかの敗戦から1週間で、精神的に立ち直れているかがカギだ。

 東京Vは勢いがある。J2の6位とギリギリでプレーオフの出場権を獲得すると、11月25日の1回戦は数的不利をはね返して大宮を下し、2日の2回戦は横浜FCから後半ロスタイムの決勝点で勝ち上がってきた。GK上福元は「積み上げてきたものを発揮すれば次も勝てる」と士気が高い。

 引き分けでも残留できる磐田に対し、東京Vは勝つしか昇格はない。90分間で明暗が決まる。(小川寛太)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ