PR

スポーツ スポーツ

清田真央「MGC出場権が目標」 さいたま国際マラソン

Messenger
清田真央=福島県福島市(福島範和撮影) 
清田真央=福島県福島市(福島範和撮影) 

 さいたま国際マラソン(9日、さいたまスーパーアリーナ発着)に出場する有力選手が7日、さいたま市内で会見し、2017年世界選手権代表の清田真央(スズキ浜松AC)は「MGC出場権を獲得することが一番。しっかり挑戦していきたい」と抱負を語った。

 今大会は19年9月に開催される20年東京五輪代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」への出場権が懸かるシリーズの一つで、19年世界選手権(ドーハ)の代表選考も兼ねる。

 清田のほか、昨年大会準優勝のシタヤ・ハブテゲブレル(バーレーン)、今季プロランナーに転向した下門美春(埼玉陸協)らが出場。16年リオデジャネイロ五輪代表の伊藤舞(大塚製薬)は右足首の故障により欠場となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ