PR

スポーツ スポーツ

貴ノ岩関が引退へ 付け人に暴力、責任取る

Messenger
貴ノ岩関=東京都墨田区の両国国技館(早坂洋祐撮影)
貴ノ岩関=東京都墨田区の両国国技館(早坂洋祐撮影)

 大相撲の冬巡業先の福岡県内で4日夜に、付け人の弟弟子に暴行を振るった平幕貴ノ岩(28)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、千賀ノ浦部屋=が責任を取り引退する意向を固めたことが7日分かった。関係者が明らかにした。

 貴ノ岩は4日夜、福岡県行橋市の宿舎で弟弟子、貴大将(23)の顔を殴打した。昨年10月末の元横綱・日馬富士による暴力事件では被害者だっただけに、自ら付け人を殴る不祥事を起こした責任を取ってのこととみられる。

 5日に日本相撲協会の聴取では、付け人が忘れ物について言い訳をしたため、宿舎のホテルで平手と拳で4、5発殴ったと説明したという。6日に付け人からも事情を聴いた日本相撲協会は臨時理事会を開いて貴ノ岩関の処分を検討するとしていた。

 貴ノ岩関は傷害事件後、昨年11月の九州場所から2場所連続で全休。今年3月の春場所から十両で復帰し、9月の秋場所では再入幕を果たした。11月の九州場所は東前頭6枚目で6勝9敗と負け越した。

 貴ノ岩関は鳥取城北高への相撲留学のために来日し、元貴乃花親方(元横綱)が師匠を務めた貴乃花部屋に入門。平成21年初場所で初土俵を踏んだ。24年名古屋場所で新十両、26年初場所で新入幕。元貴乃花親方の相撲協会退職に伴い、今年10月に千賀ノ浦部屋に移籍した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ