PR

スポーツ スポーツ

紀平梨花「いい成績で」 フィギュアのGPファイナル公式練習

Messenger
公式練習で調整する紀平梨花=バンクーバー(共同)
公式練習で調整する紀平梨花=バンクーバー(共同)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは6日(日本時間7日)、バンクーバーで開幕し、男女のショートプログラム(SP)が行われる。5日は公式練習が行われ、女子で16歳の紀平梨花(関大KFSC)は「思った通りの練習ができた。この大会をいい成績で終えたい」と抱負を語った。

 日本女子としては2005年大会の浅田真央以来のGPデビューシーズン初制覇に期待がかかる。40分間の練習では大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を11本中8本着氷させるなど、緊張を感じさせず、のびのびと体を動かした。

 4季連続出場の宮原知子(関大)は「万全の状態で練習することができたので、自信を持っていきたい」と意気込み、初出場の坂本花織(シスメックス)は「気持ちも上がってきた。打倒ロシアで頑張りたい」と力を込めた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ