PR

スポーツ スポーツ

パMVPの西武・山川穂高、一気に1億1千万円「50本打つ」

Messenger
更改を終え会見する山川穂高=5日、メットライフドーム(高橋朋彦撮影) 
更改を終え会見する山川穂高=5日、メットライフドーム(高橋朋彦撮影) 

 今季パ・リーグでMVPを獲得した西武の山川穂高内野手(27)が5日、埼玉県所沢市のメットライフドームで契約更改交渉に臨み、7800万円増の年俸1億1千万円でサインした。

 今季はレギュラーシーズン全143試合に出場。自己最多となる47本塁打をマークし、自身初の本塁打王を獲得するなど、不動の4番打者としてチームの10年ぶりのリーグ制覇に貢献した。プロ5年目での大台到達に「ようやくプロ野球選手になれたかなと思うし、これまで以上にちゃんとやらないといけないと思う」と表情を引き締めた。

 西武は今オフ、浅村栄斗内野手が楽天、炭谷銀仁朗捕手が巨人へ移籍。菊池雄星投手が米大リーグへ挑戦するなど主力の流失が相次いでいる。山川は「浅村さんがいなくなるし、より一層重圧を背負って、(本塁打を)50本打つ」と意気込みを語った。(金額は推定)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ