PR

スポーツ スポーツ

アレックス・ラミレス氏、宮本慎也氏ら候補者に 野球殿堂入り

Messenger
アレックス・ラミレス氏
アレックス・ラミレス氏

 野球殿堂博物館は5日、来年の野球殿堂入りの候補者を発表した。プレーヤー表彰では、外国人選手初の2000安打を達成したDeNAのアレックス・ラミレス監督ら6人が新たに候補となった。

 現役引退から5年以上経過した人が対象のプレーヤー表彰の候補者は計18人。ラミレス氏のほか、通算2133安打を放ち、計10度のゴールデングラブ賞を獲得したヤクルトの宮本慎也ヘッドコーチ、阪神の代打として歴代2位の158安打を放った桧山進次郎氏、日米通算182勝を挙げた楽天の石井一久ゼネラルマネジャー、中日と楽天で本塁打王を獲得した山崎武司氏、広島で通算2119安打をマークした前田智徳氏も加わった。

 指導者としての実績も加味するエキスパート表彰の候補者は、巨人、ヤクルトなど投手コーチで実績を残した尾花高夫氏ら3人が追加された。

 選考は報道や球界の関係者による投票で行われ、来年1月15日に発表される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ