PR

スポーツ スポーツ

菊池雄星が米球団との交渉解禁 ポスティングで移籍へ

Messenger

 プロ野球西武からポスティングシステムによる米大リーグ移籍を目指す菊池雄星投手(27)は4日、全30球団との交渉が解禁された。

 期間は米東部時間の来年1月2日午後5時(日本時間1月3日午前7時)までの30日間。西武で通算73勝(46敗)を挙げた日本を代表する左腕にはヤンキース、パドレスなどが興味を示しているとされ、複数球団の争奪戦になるとみられる。

 菊池は海外フリーエージェント権の資格を満たすのが早くても2020年のシーズン中だった。日本野球機構にポスティング制度の申請手続きを行い、大リーグ機構が3日に全球団に契約可能選手として通知していた。

 同制度の譲渡金は、昨オフまで日本球団が2000万ドル(約22億6000万円)を上限に額を設定していたが、今オフから選手の契約金と年俸の総額に応じて決まるよう変更された。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ