PR

スポーツ スポーツ

宇野昌磨、初Vへ調整順調 フィギュアGPファイナル

Messenger
調整する紀平梨花=バンクーバー郊外(共同)
調整する紀平梨花=バンクーバー郊外(共同)

 6日(日本時間7日)に開幕するフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルに出場する日本勢が4日、バンクーバー郊外のリンクで練習し、男子の宇野昌磨(トヨタ自動車)はフリップやサルコー、トーループの4回転ジャンプを決めるなど、初優勝へ向けて順調な調整ぶりだった。

 11月29日にカナダ入りし、念入りに時差調整。練習での動きは良く、リンクサイドで樋口美穂子コーチが撮影した動画をジャンプごとに見返し、本番に備えて細かな点の修正に努めていた。

 女子でGP2連勝と勢いに乗る16歳の紀平梨花(関大KFSC)は午前の練習で大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を17本中14本、着氷させ、「調子はまあまあ。体が動けば、もっと良くなってくる」と笑顔を見せた。4季連続出場の宮原知子(関大)と初出場の坂本花織(シスメックス)は曲を流して演目を精力的に滑り込んだ。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ