PR

スポーツ スポーツ

J2水戸ホーリーホックが水戸市長にシーズン結果報告

Messenger
水戸市の高橋靖市長(中央)に2018シーズンの報告を行った水戸ホーリーホックの沼田邦男代表(中央左)ら=4日午後、水戸市中央(永井大輔撮影)
水戸市の高橋靖市長(中央)に2018シーズンの報告を行った水戸ホーリーホックの沼田邦男代表(中央左)ら=4日午後、水戸市中央(永井大輔撮影)

 サッカーJ2水戸ホーリーホックの沼田邦郎(くにお)社長らが4日、水戸市役所に同市の高橋靖市長を訪ね、今シーズンの結果を報告した。

 沼田社長が「(J1昇格をかけるプレーオフ進出に必要な)6位以内には入れなかったが、過去最高の順位、勝ち点で終えられた。来年に向けてさらに力をつける」と伝えると、高橋市長は「選手たちが安心して戦えるよう、会場の整備など一層協力していく」と応じた。

 ホーリーホックの長谷部茂利監督は「得点力のあるスペクタクル(壮観)なチームづくりをする」と語り、細川淳矢主将は「来シーズンは6位以内を目指す。ホーリーホックを中心に水戸を盛り上げたい」と意気込んだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ