PR

スポーツ スポーツ

大成功確信とIOC会長 東京五輪で合同会議始まる

東京五輪に向けたIOC調整委と大会組織委などとの合同会議であいさつする組織委の森喜朗会長。右はIOCのバッハ会長=3日午前、東京都内のホテル(代表撮影)
東京五輪に向けたIOC調整委と大会組織委などとの合同会議であいさつする組織委の森喜朗会長。右はIOCのバッハ会長=3日午前、東京都内のホテル(代表撮影)

 2020年東京五輪の準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会と大会組織委員会などとの第7回合同会議が3日、東京都内のホテルで始まり、冒頭でIOCのバッハ会長は準備の進展を改めて称賛した上で「関係機関の協力があれば、20年大会は大成功を収めると確信している」と語った。「(東京は)いろいろな問題を解決済みなので、輸送や宿泊といった重要な問題に傾注できる。非常に大きなメリットがある」とも述べた。

 組織委の森喜朗会長は「日本には油断大敵という言葉がある。(バッハ氏の称賛は)安心するなよ、という引き締めのお言葉であると受け止める」と応じた。桜田義孝五輪相は「サイバーセキュリティー対策、テロ対策など、安全安心の確保に政府を挙げて取り組む」と約束した。

 会合は3日間の日程。暑さ対策で検討しているマラソンなどの競技時間変更や、輸送の問題などを協議する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ