PR

スポーツ スポーツ

女子57キロ級に伊調馨ら、全日本レスリング出場選手発表

Messenger
伊調馨(撮影・山崎冬紘)
伊調馨(撮影・山崎冬紘)

 日本レスリング協会は30日、2020年東京五輪代表争いが本格化する全日本選手権(12月20~23日・駒沢体育館)の出場選手を発表し、女子で五輪4連覇の伊調馨(ALSOK)と16年リオデジャネイロ五輪63キロ級金メダルの川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が57キロ級に名を連ねた。五輪3連覇の吉田沙保里(至学館大職)は欠場した。

 50キロ級は世界選手権女王の須崎優衣(早大)とリオ五輪48キロ級金メダルの登坂絵莉(東新住建)がエントリー。53キロ級は世界女王の奥野春菜と世界選手権55キロ級優勝の向田真優(ともに至学館大)が激突する。

 男子のフリースタイル65キロ級は世界選手権で日本男子史上最年少優勝を果たした19歳の乙黒拓斗(山梨学院大)が出場する。グレコローマンスタイル60キロ級はジャカルタ・アジア大会王者の太田忍(ALSOK)と昨年の世界選手権59キロ級覇者の文田健一郎(ミキハウス)が闘う。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ