PR

スポーツ スポーツ

MVPは広島の丸が2年連続 パは西武の山川が受賞

Messenger
MVPを受賞し、笑顔で握手を交わす広島・丸(左)と西武・山川=27日、東京都内のホテル
MVPを受賞し、笑顔で握手を交わす広島・丸(左)と西武・山川=27日、東京都内のホテル

 プロ野球の年間表彰式「NPBアワーズ」が27日、東京都内のホテルで開かれ、今季の最優秀選手(MVP)にセ・リーグは広島の丸佳浩外野手(29)、パ・リーグは西武の山川穂高内野手(27)が初受賞した。

 2年連続の受賞となった丸は125試合に出場し、打率・306。自身最多の39本塁打、97打点をマークし、広島を3年連続のリーグ優勝へと導いた。

 山川は全試合に出場し、打率・281、124打点。47本塁打を放ち、本塁打王を獲得した。球団新記録の総得点792をたたき出した打線の4番打者として、西武の10年ぶりのリーグ制覇に貢献した。

 MVPはプロ野球担当記者らによる投票で決まる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ