PR

スポーツ スポーツ

日本2位、5季ぶり表彰台 スキーW杯複合団体第1戦

Messenger
後半距離でドイツ選手(左)と競り合う渡部善斗=25日、ルカ(AP)
後半距離でドイツ選手(左)と競り合う渡部善斗=25日、ルカ(AP)

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は25日、フィンランドのルカで団体第1戦が行われ、永井秀昭(岐阜日野自動車)山元豪(ダイチ)渡部暁斗、渡部善斗(ともに北野建設)の日本は2位となり、W杯複合の団体では2013年12月以来5季ぶりに表彰台に立った。

 日本は前半飛躍(ヒルサイズ=HS142メートル)で、渡部暁が139メートル、渡部善が140メートルをマークして492・3点で首位に立った。しかし後半距離(20キロ)で、1分5秒遅れで発進した2位ドイツに逆転を許した。

 強豪のノルウェーとオーストリアは前半飛躍でスーツの規定違反による失格者を1人ずつ出し、それぞれ3、4位だった。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ