PR

スポーツ スポーツ

三原がSP首位 紀平は2位、本田は4位 フィギュアGP

Messenger
女子SPで首位に立った三原舞依の演技=グルノーブル(ゲッティ=共同)
女子SPで首位に立った三原舞依の演技=グルノーブル(ゲッティ=共同)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、フランス杯は23日、グルノーブルで開幕し、女子ショートプログラム(SP)で三原舞依(シスメックス)が67・95点で首位に立った。16歳の紀平梨花(関大KFSC)はトリプルアクセル(3回転半)を予定したジャンプが1回転半になり、67・64点で2位。

 本田真凜(JAL)が自己ベストの65・37点で4位につけ、平昌冬季五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が67・55点で3位。

 男女フリーは24日に行われ、シリーズ上位6人によるGPファイナル(12月6~8日・バンクーバー)の進出者が出そろう。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ