PR

スポーツ スポーツ

日本ハム・吉田輝星、背番号は18 入団会見「1年目から1軍に」

Messenger
入団記者会見後の撮影で背番号18を見せるプロ野球・日本ハムドラフト1位の吉田輝星投手=23日午後、札幌市豊平区(野口隆史撮影)
入団記者会見後の撮影で背番号18を見せるプロ野球・日本ハムドラフト1位の吉田輝星投手=23日午後、札幌市豊平区(野口隆史撮影)

 プロ野球・日本ハムのドラフト1位、吉田輝星投手(17)=秋田・金足農高=らの入団記者会見が23日、札幌市で行われた。吉田投手の背番号はエースナンバーの「18」に決まり、「1年目から1軍で活躍できるよう頑張る」と抱負を語った。

 日本ハムの背番号18は往年の大投手、高橋一三氏や野球解説者の岩本勉氏らが背負い、最近では「ハンカチ王子」と呼ばれた斎藤佑樹投手(昨年、背番号1に変更)らが付けていた。

 「プロ野球選手になるという自覚が、ユニホームを着てすごく強くなった」と気持ちを引き締めた。

 会見に先立って、札幌市豊平区のさっぽろ羊ケ丘展望台を訪れ、クラーク博士像の台座に設けられた投函口に「日々進化して日本一の投手になる。野球だけでなく人間としても成長する」と書き込んだ紙を入れた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ