PR

スポーツ スポーツ

阪神残留の上本「全力プレーを」と決意新た

練習後、囲み取材に応じる阪神・上本博紀=鳴尾浜球場(岡田茂撮影)
Messenger

 プロ野球阪神の上本博紀内野手(32)が、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに、来季も残留することになった。「けがをしているときも応援してくれ、支えてくれた人たちのためにも来年もタイガースで頑張ろうと思った」と語り、左膝を負傷して不本意なシーズンだった今季からの復活に向けて決意を新たにした。(吉原知也)

 今季10年目の上本は出場20試合で打率4割2分2厘と好調をキープしていたが、5月の中日戦(甲子園)で盗塁を決めた際に左膝を痛めて戦線離脱し、復帰を果たせなかった。国内FA権を取得して自分と向き合い、キャリアプランを熟考した末、FA申請期限日の13日に球団側に残留の意思を伝えた。

 決め手となったのは、直談判で慰留した矢野燿大(あきひろ)監督への恩義だ。

 矢野監督は、1軍監督に就任したばかりの10月中旬に鳴尾浜球場に出向き、上本と面談していた。その内容について、矢野監督は「(上本に対し)監督としては『残ってほしい』。野球界の先輩としては、『最終的な考えは上本自身が最後に決めるものだ』。その両方の気持ちを伝えた」と明かした。

 選手に寄り添いながら熱っぽく残留希望を伝えた指揮官の誠意は、上本にも響いた。「監督から『上本の持っているものを出してくれればいいから』と言ってくださったので、今までどおり全力でやっていきたいと思う」と話した上本。新たに単年契約を結び、まずは来年2月のキャンプに間に合うようにリハビリに集中する。持ち味のスピードとパンチ力のある打撃は、矢野監督からの評価も高い。来季こそ、シーズンを通してチームに貢献する働きをみせたい。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ