PR

スポーツ スポーツ

ボクシングの井岡一翔「最高の締めくくりに」 大みそかにマカオでニエテス戦、世界4階級制覇に意欲

記者会見する井岡一翔=12日午後、東京都新宿区
Messenger

 ボクシングの元世界3階級王者の井岡一翔が12日、東京都内で記者会見し、日本勢初の世界4階級制覇を懸けて臨む世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王座決定戦(12月31日、マカオ)への意気込みを口にした。同級3位の29歳は「もう一度大みそかのリングで試合ができるのをうれしく思う。新たな記録を打ち立てたい」と力強く宣言。対戦する同級1位の36歳、ドニー・ニエテス(フィリピン)については「経験があって頭のいい選手。厳しい試合になると思う」と警戒感を示した。

 昨年の大みそかに引退を表明した井岡は今年7月に現役復帰を発表。9月に米国で行われた再起戦で判定勝ちした。11日には歌手の谷村奈南(なな)さんとの離婚も公表。「人生の中でもすごくいろいろあった1年。大みそかにすべてを証明し、最高の締めくくりにしたい」と力を込めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ